気づき

先生に言われた一言、めちゃくちゃ心に刺さった!!!

もう、ありがたすぎて、私は神様からの御神託くらいの気持ちでいつもお話させていただいてる(笑)

 

新しいことに興味が移るというのは、仕方のないことだけど、

それまでやってきたことと、どう一貫性を保つかがポイントで、

一貫性が無いと、二重人格のようなことになってしまう。

って、まさに現在の状況をおっしゃっていただいて・・・

なんでもお見通しだなと思ったのでした。

たった、2つの質問で、ここまで分かってもらえるのか・・・と・・・

 

こんな素晴らしい先生に、お時間いただいて、

話してもらえるなんて、それだけでありがたいなと思います。

今、こういう機会をいただけてること、この一瞬一瞬を大事にしていきたいと思いました。。。

 

ここ1週間くらいで、めちゃくちゃ考えているのですが、、、

火曜日から本日にかけて、キーパーソンと話したことによって、

たくさんの学びを得た。

 

まずは、タイご出身の女性の方と話して、

タイの仏教のこととか、亡くなったあとのことをどう考えているのかを

教えてもらったのですが・・・

出家する理由は、結構あれですね。出家することで

親孝行をするため。って言ってて。

自分が出家すればその功徳によって、両親も引っ張って、

次の世界?で良い場所に行ける。

ってことをおっしゃってました。

すごく、利他的な感覚だなと思って。

上座部仏教って、実際に自分自身の悟りを目指して出家する人もいるんだろうけど、

一時的に出家する人は、自分と周囲の人立ちへの功徳を積むため。ってところが利他っぽい。

 

そんで、亡くなった後の世界のイメージは、

日本と同じで、比較的漠然としてる?のかなと思いました。

極楽浄土とか、はっきりとしたイメージではなくて、

「美しくて、素晴らしい場所」、天国のイメージ。あの世のイメージがあるのみで、

その反対として地獄がある。

地獄のイメージははっきりとしていて、

学校の授業でも習うようですね。

例えば、浮気した人が行く地獄。とか。

罪別に、地獄の種類が違うとかも、詳しくおっしゃってました。

 

それで、死後良い場所に行けるように。と言ってたので、

輪廻転生についてはどう解釈するのかなと思い、

死後、一度、素晴らしいあの世に言ってから、その後は、

また生まれ変わるのか?という質問をしたのだけれど、

そこは、はっきりとした回答が得られなかったので、

日本と似ているかなと。

日本も、天国で安らかに。と思う気持ちと、

きっとおじいちゃの生まれ変わりよ。

などなど。いろいろな考え方が併存しているから。

きっとその感覚と似ているのかなーと。

 

タイでは、やっぱり、来世で少しでも良いところに生まれるために、

良いことをする。悪いことはしない。という明確な指針が生活の中に組み込まれている模様。

だけど、犯罪は多いですけどね。と補足されてたのも印象的でした。

 

後は、考え方として、

この世で人間として生まれたということは、

過去世で、なにか罪を犯しているから。だから、人間に生まれている。と解釈する。

そして、その過去世で作った借金のようなものを、

全部返済した時に、人は亡くなると解釈するらしい。

だから、亡くなったということは、この世でのやるべきことを果たしたから、

亡くなったということ。(生きていることというのは苦しいこと。とおっしゃっていた)

 

翻って日本はどうなのかなと考えた時に、

もう、たぶん、豊かになったんだねと。

 

あ、眠い。眠気が・・・

忘れないうちにいろいろ書いておきたかったけど、

また明日まとめよう。