願い事は

しいたけ占いさんのブログに感動してしまった。

願い事は叶うのか③

 

唐揚げをもらえるような人間なのか。

今は、違うかなあ…

でも、昔はそうだったかもなあ…笑

 

自分で言うのもなんだけど、これまでの人生、本当に多くの先生方に目をかけていただいてきた、という自覚はあります。自分で言うのもなんだけど(笑)

 

習い事や、学校でも、就活の時も、アルバイトの時も。

本当に目をかけていただいたおかげで、良い経験させてもらってきました。

 

ただ、せっかく目をかけてもらっても、ポンコツぶりがばれて落胆させるというパターンがほとんどでした😅

または、一部の人に異様に目をかけてもらえるんだけど(アウトロー的立場の人かな?)。王道を行く人からは、「なんで?こいつの一体どこに目をかけてるの?」ってパターンも多かったかなあww

たぶん、私の地味さ、引っ込み思案ぶり、でも、内に秘めた闘争心、反発心?

のようなものにシンパシーを感じる方に、目をかけてもらえたのかもしれません。

自分の昔の姿を見ているようだ・・・的なパターンが多かったですかね。

 

今は年齢的にも、中身的にもさすがに目をかけてもらえるような人間ではなくなったので、寂しいような気もするのですが、その分気楽ではあります。

誰にも期待されてないという事実w 

その分、自分で考えて道を決めてく、うまく表現ができないのですが、

目をかけてもらうのではなく、一人の独立した人間として、でも、周囲に尊敬の念を抱きながら、~♪ って感じで人生過ごしていきたいなと思います。

そうそう、基本姿勢は、記号化するなら、

~♪

って感じすかね(笑)

 

ただ、しいたけさんが言う唐揚げをもらうシチュエーションと

目をかけてもらうっていうのは同じなのかな?という疑問も。

 

唐揚げもらシチュエーションはもう少し、双方向的な。

目をかけてもらうまでのいつものパターンは、

①猛烈に頑張る。

②先生に気付いてもらう

③目をかけてもらえる

というステップだった。とにかく猛烈に頑張るだけw

先生に対して、何かうまい事を言えるような人間でもないし、

相手に喜んでもらうようなスキルもゼロだから・・・

とにかく猛烈に頑張る。しか、技が繰り出せない(笑)

だから、実社会では全然ダメダメでしたねww

 

唐揚げもらえるような人間に、少しずつ変わっていきたいなあ。と思いました。

最近、世の中や周囲い対して、傲慢だったなと反省・・・

バランスが取れない。