神の味噌汁

これまでの人生の中で、勇気を出した瞬間って、

あんまりなくて、

たぶん、中学3年の時に、吹奏楽部で、

先輩が急遽出られなくなって、先輩の代役として、

「ドラムやらせてください」って言ったときくらいだったかもしれません。

ドラム、やりたかったんだと思います。

それくらいの魅力があるw ドラムにはw

 

でも、全身全霊かけて出した勇気ってそれくらいかもしれない。

少ないですかね?世の中の人はもっとこまめに勇気出してるんですかね?笑

 

だけど、今やろうとしてることのワクワク感というのは、

少しその時のワクワク、ドキドキと似ています。

 

周りから、えー!?アホだろー!?と思われることだとしても、

それを、きちんと周りに宣言して、取り組めたと思います。

 

今まで、大丈夫だろう安全だろう、という道しか歩んでこなかったし、

流されるままに来てしまったけど、

今回の勇気の出し方は、自分で舵を切った感じがあるから、

ワクワクするんだと思います。

 

基本は、何が良くて何が悪いかは、分からない。

神の味噌汁。なんだと思います(懐かしいw)

一見、よさそうなことがそうじゃなかったり、一見悪そうなことがそうだったり。

人智を超えている。

だから、もう、やーめっぴっていうのではなくて、

せめて、良いように思えることはやっておこう。でも結果は、手放す。

ということなのかもしれません。