弱音

今まで、簡単に弱音を吐いてきたけど、

特に家族には(笑)

 

でも、この三か月間、ほんとに弱音言わないで頑張ったなと思う。

これを言ってしまうと、家族を悲しませてしまうということが

分かっていたから、絶対に悲しみは見せなかった。

 

これは、自分にとっては画期的なことで、

涙がたまにちょちょぎれることがあったとしても、

きっと、体調が悪いんだとか、寝不足なんだと思えることができるようになったし、

涙が流れることも、一時的なことだということがわかるようになったし、

涙が出ても、1つ1つ、その涙を通り過ぎるたびに、

自分をねぎらおうと思う。

 

絶対に、弱音は吐かない。

これが足りなかったのだ(笑)

 

家庭崩壊しそうになっても、絶対に大丈夫だと信じて、

ただただ信じて、強い気持ちで、

私がその気持ちを強く持っていれば、周りにも良い影響が与えられると思う。

 

でもやっぱり泣きたくなることはあるんだけど、

そういうときは思いっきり泣いてすっきりしよう。

 

よく頑張ったなあ。

今回、やけくそ気味に英語学校に通い始めたけど、

英語に対する苦手意識がなくなってきて、

通ってよかったなって思う。